« ヤビツ峠で最終調整(2回目の挑戦) | トップページ | ローラーの季節到来 »

2012/06/06

「Mt.富士ヒルクライム」初挑戦

1_1_20120603

Img_0196_055

自転車を始めてのレースイベント第9回Mt.富士ヒルクライムに参加してきました。エントリーしてからは、晴れれば何処か坂を登る練習をして、脚を坂に順応できるよう調整してきました。そして、ようやくこの日を迎えることができました。

「さぁ、いってきまーす!」

1_20120602

出発の日です。翌日の天気予報は見事なくらいのピンポイント降雨。
更に5合目の気温は
0℃や雪っていう話もあるくらいの悪条件。初めて参加する私にとっては、なるべく不安要素は避けたいところ。こんな天気が悪いなら週明けの仕事に支障をきたすのではと不安は増すばかり。

2_img_0178_046_2

それでもDNSするにしても当日の朝まで様子みようということで、気分が乗らないまま淡々と準備します。実は自転車を車に乗せて遠征するのも初めてだったりします。。いろいろと試行錯誤しながら自転車が倒れないように紐で固定するなど、準備を進めるにつれ徐々にモチベーションも高くなってきました。そして14:00頃準備完了!

いざ富士吉田!

Img_0183_054

受付会場は、ウェルカムパーティーが始まっていました。既に受付を済ませた人たちはブースで買い物したり、自転車を調整してもらったりしながら夫々明日の本番を待つ時間を楽しんでおられます。私も自転車を体育館に預けてから、明日の寒さ対策としてアームウォーマーを購入するなどブースをブラブラと散歩。17:00過ぎに受付会場をあとにしました。ここでアームウォーマーを入手できて本当に助かりました。

この日の宿は、エントリー後の宿確保が遅れ富士吉田近辺のホテル・旅館が既に満室だったため、少し離れた御殿場のビジネスホテルを選びました。内装も清潔でコンビニも併設されていてとても便利なホテルでした。チェックイン当日は気づかなかったですが、翌朝4:00過ぎにチェックアウトするころは駐車場やフロントにサイクリストの皆さんが出発の準備をされておりました。ここ御殿場は、明け方の時間帯だと会場まで40分ほどで移動できる距離にありますので意外と便利。次回も利用したいと思います。

3_img_0197_047

朝3:00。。こんな時間に寝ることはあっても起きることは滅多にありません。目覚ましは何重にもセットし、モーニングコールもセットしましたが、やはり遠足前の子供同様に2:50には目が覚めてしまいました。パン中心の朝食をとり、4:30にホテルを出発。スタートは最終第14ウェーブの8:05ですから、朝食としては少し早めですので念のため、会場についてからも少しゼリーで補給しました。

それにしても凄い人ですねー。5000人を超える人が、しかもサイクルジャージにレーパンで集合すると迫力ありますね。普段我が家の女子たちは、ピチピチのままマンション内を歩くなと言うんです。しかしそんな彼女たちがこの光景をみたらどう思うのだろうなどと考えてしまいましたw。考え方少しは変わるかな?いや逆効果かな?

4_img_0200__048

出走を待つ我がバイク「TREK2.3」。しかし高そうな自転車がたくさんあって目移りしちゃいますね。なにげに隣はDURAのホイール・・・。

5_img_0210_049_2

スタートまで時間がたーっぷりありますから各ウェーブのスタートを眺めます。鶴見さんやまことさん夫妻の周りには人がたくさんいましたね。有名人は大変です、お疲れ様です。

6_img_0213_051_2

少し前まで大行列のトイレも第10ウェーブのころには、ガラガラでーす。ここで最後の軽量化を試みるも敢え無く失敗。なれない簡易トイレにSPD-SLシューズ、ポーズをとることも難しく、ちょっと無理かなって感じ。

8:05スタートし、パレード走行が終わる交差点を曲がったところからレースが始まりました。係員さんの「ここからスタートでーす!」の声で気持ち切り替えペダルを踏みます。

序盤の坂は、思ったよりも足にきました。ウォームアップは、パレード走行のみでしたので、足もびっくりしたかもしれません。そのうちなぜかお尻も痛くなってきました。舞い上がってたためフォームがバラバラだったかもしれません、座る場所を少し前にずらせば痛みは和らいでいきました。そうだここは斜度きつめだったと冷静さを取り戻し、またひたすらペダルを踏みます。

7_img_0214_050_2

レースは24kmで、仮想富士ヒルとして登った「椿ライン」よりも長いのですが、長さは感じませんでした。やはり自分の周りに同じようにハァハァ言いながら登るサイクリストさん達と地元のかたの応援が背中を押してくれたように思います。やはり独りで走るよりもたくさんの人と走るっていいなぁ、レースイベントっていいなぁなどと思いに浸りながらあっというまに五合目に。ん?あっというまではないですね。タイムは1時間44分35秒。目標とする1時間40分は切ること出来ませんでした。それでも心地よい達成感に満たされとても幸せな気持ちになれましたね。来年まで時間はたっぷりあります。また練習してこの場所に帰って来たいと思います。

8_img_0227_052

ダウンヒルは、開始そうそう霧に包まれたり、雨に降られたりしましたので、恐怖と戦いながらゆっくりと下っていきました。もちろん路面もウェットです。ホント怖かったです。基本雨の日は走らないと決めているので、雨中走行、雨中ダウンヒルも初めてです。今回のレースでは天候的な辛さはありましたが、思い返せばいろいろな経験ができて良かったです。

9_img_0230_053_2

足柄SSは、良い天気。富士吉田は雨。そろそろ縁起の悪いブログタイトルを変えようと思ったのは言うまでもありません。もっとポジティブイメージな爽やかタイトルがいいですねw。

10_201206042012_

ガーミンのGPSデータからakiさん主催の猛レースに登録しました。早速レースしましたが、自分の遅さに唖然・・・。来年に向けたモチベーションが跳ね上がった瞬間でした・・・w。

|

« ヤビツ峠で最終調整(2回目の挑戦) | トップページ | ローラーの季節到来 »

ヒルクライム」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした
私は第11スタートで2時間以上もこいでいたので、どこかで抜かれてますね
次は見つけたら声かけますね!

・・・ってこのシロクマの顔で走ってないか?

投稿: ham | 2012/06/07 22:08

hamさん
お疲れ様でした。
実ブツもクマみたいなものですヨww。
5000人のなかにフォロワーの皆さんがいると思うとなんだか不思議な感じですね。

投稿: zukitak | 2012/06/08 18:58

お疲れ様でした!楽しいレースでしたね!
自分ももっと練習しようと思いましたw

でもここまで頑張れたのは神奈川近辺の峠やロングツーリングのおかげだと思っています。

お互い楽しみながらがんばっていきましょう^^

投稿: きーぼー | 2012/06/09 00:46

きーぼーさん
神奈川は坂が多くて環境的に恵まれていますね。
なんて自転車が好きになる前は口が裂けても言えなかったー!!
来年にむけて頑張りましょーねーw。

投稿: zukitak | 2012/06/12 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574899/54885039

この記事へのトラックバック一覧です: 「Mt.富士ヒルクライム」初挑戦:

« ヤビツ峠で最終調整(2回目の挑戦) | トップページ | ローラーの季節到来 »